top of page

em

テキストを強調する際に使われる<em>と日本語の”縁”を掛けている。 近未来感のあるサウンドに、どこかノスタルジックさを感じられる楽曲が魅力。 DTMのサウンドを中心として、貪欲に様々な系統の音楽を吸収しながら 感情的な詩曲を高いアレンジ能力でポップスへ昇華している。

全ての楽曲の作詞作曲編曲、ミックス・マスタリング、アートワーク、リリックビデオまでセルフプロデュースしている。

bottom of page