top of page

aman daiki

【テクノ、チル、フレンチエレクトロ】に感化されたスタイリッシュなサウンドと、【特徴的なノイジーな歌声】が融合。モノトーンコーデに身を包み、気怠い(アンニュイな)雰囲気を持つ彼だが、意外にも描く詩世界は、エレクトロニカな音像とは対照的に【愛や夢、心が揺り動かされた瞬間】から着想を得た言葉たちが、文学的に散りばめられている。

bottom of page