top of page

橋口真稀

北海道出身。
中学時代にスピッツに憧れて、高校での軽音楽部入部を決意するも、進学先の学校には軽音楽部が無かったため、仕方なく吹奏楽部で我慢。トランペットを担当し、パートリーダー、コンサートマスターを務める。
大学で念願の軽音楽部に入部し、キーボードを担当し、スピッツ以外の様々な音楽を知る。
大学卒業後、オリジナルバンド「えのきの絵」の活動を開始し、札幌でライブを行い、日常に音楽をゆるい感じで組み込む。
2022年9月、仕事の都合で千葉県へ移住。

bottom of page