top of page

恩田海OndaSea

ジャンルレスソロミュージシャン「恩田海OndaSea(読み:おんだうみ、英名:OndaSea)」。東京下町生まれ下町育ちの生粋の江戸っ子。

高校時代にバンドと出会い、青春時代のすべてをバンド活動に注ぎ込むものの結果は鳴かず飛ばず。大学を卒業後、一般企業に就職し一旦はサラリーマンになるが、結局居ても立っても居られず3年ほどで脱サラし新たなバンドを結成。しかし、そのバンドも思うような結果を出せぬまま解散。

そんな不遇な音楽人生の中で、「ソロならば実はバンドよりさらに幅広い音楽を表現できるのでは」ということに気づき、2020年にソロ活動を開始。

現在は悩める現代人の心の処方箋となるような音楽を届けたいという思いのもと活動をしている。

聴いた人の心に寄り添う歌声と文学的な歌詞が特徴の楽曲はポップスからクラシック・ジャズ、エレクトロに至るまで幅広い音楽からの影響を覗かせる。

2023年7月現在までに2枚のEP、3枚のシングル、またデジタルシングルを1曲リリース。
これまで定期的にワンマンライブや自主企画ライブを開催し、直近の7月には活動3周年記念レコ発ワンマンライブを開催し現地チケットをSOLD OUTさせた。

それ以外にアーティストへの楽曲提供も積極的に行っており、これまで男女問わず多種多様な音楽性に寄り添った唯一無二かつ個性的な音楽を生み出してきた。

「恩田は売れたい。」というチャンネル名でYouTuber活動もしており、その音楽性とのギャップが密かに話題を呼んでいる。

時代が恩田海OndaSeaに追いつくのは時間の問題かもしれない?

bottom of page