top of page

宏菜

東京都出身。
アコースティックギター弾き語りのシンガーソングライター。
中学生の頃から曲を作り始め、本格的にライブ活動を始める。拠点は決めず、その時々の「出逢い」や「楽しいこと」をレールにして、ライブハウス出演、路上ライブ、ライブペイントやVJ、朗読とのコラボなど...
様々なことに挑戦している。

また、下北沢まちの案内所にて街案内のボランティアをした後、駅前を行き交う人たちに向けてフリーライブを行ったり、福島県只見町の雪まつりに出演し、只見線の復興を応援するオリジナルソング「只見線に乗ろうよ」を披露したりと、活躍の場を広げている。

 2023年、神奈川県主催の動画コンテスト「バーチャル開放区2022」において、応募した「希望の花」が、115作品の中から見事1位を受賞した。そして、2023年度バーチャル開放区の広報大使に就任。2023年6月〜8月の神奈川県イベントカレンダーのフリーペーパー表紙、インタビュー記事を掲載。

どこにいても、あたしのまま、すっぴんのままで。『FREE STYLE』をテーマに、人との出逢いを音楽の軸として、日々曲を作り、歌を届けている。

bottom of page