top of page

奏手候

京都から世界へ。
和楽器を一切使わずに和を表現する和ロックバンドです。
架空の土地『静越(しずこし)』に残る伝説や民話などを語りと歌で伝えるというコンセプトバンドです。
楽曲の全てに細かなストーリーがあり、時代によって各楽曲の登場人物や地名などが共通する事も多く殆どの楽曲が繋がりを持っているのも大きな特徴です。
唄手のお優美のパワフルな歌声とそれを支える男衆の楽しくも迫力あるパフォーマンスで会場をひたすら盛り上げまくる事を得意としています。

アメリカワシントンD.C.のサクラマツリに5回出演。
台湾のフェスやイベントに7回出演と国内だけで無く海外への発信にも力を入れています。

bottom of page