top of page

ジプシーヴァイオリン古館由佳子

桐朋学園大学音楽学部卒。大学卒業後、都内各オーケストラの客員演奏、ストリートパフォーマー、レストランでのステージ演奏など多岐にわたる仕事を経験。ストリートパフォーマーとしてはギターとのduoグループ、「ドゥアス・コルダス」として第一回新宿パーフォーマンスコンテストでグランプリ受賞、
レストランでは、銀座七丁目にある「音楽ビヤプラザライオン」の主要演奏メンバーとして演奏する他、
新宿の老舗ビヤホール「ラインゴールド」、銀座コリドー街音楽レストラン「アルテリーべ」などでも演奏した。
1996年に来日したラースロー・ベルキ・ジプシーバンドの演奏に触れたことがきっかけで、ジプシー音楽に傾倒し、
1999年にハンガリー・ブダペストにて、ハンガリー最高賞であるコシュート・ラヨシュ賞受賞者のボロシュ・ラヨシュ、ヴァイダ・バルナバーシュにジプシーヴァイオリンを師事した。
2006年、ハンガリー国際ジプシーヴァイオリンコンクールにて、審査員特別賞、レメーニ・エデ協会賞、ハンガリー演奏家・舞踊家協会賞、をそれぞれ授賞。ロマ民族以外で、また、アジアの女性として初めての授賞として、ハンガリー国内外で話題をさらった。その後、マジャールTV, ドゥナTVに出演、特集番組が組まれた。
ヴァイダ・ジプシー・コンサート・オーケストラの共同設立者兼ソリスト。
2012年と2013年には、ハンガリー国立博物館のコンサートに招聘され、大成功をおさめた。
これまでに、シャーンタ・フェレンツ、ロビー・ラカトシュ、ラースロー・ベルキ等と共演。
2006年に発売されたジブリ映画音楽CD「宮崎駿の世界~ヴァイオリンとピアノの調べ」は、iTunesで6ヶ月以上売り上げ一位を記録し、その年の年間ベストアルバム第三位に耀き、ポニーキャニオンより編集盤が発売された。
株式会社エスツウより、ハンガリーのメンバーと結成したハンガリー=ブダペスト・ジプシー・トリオで、「ハンガリー舞曲第五番」「薔薇色の人生」「アヴェ・マリア」「ザ・ベスト・オブ・ジプシー・ヴァイオリン」など10タイトル以上発売。
2010年ブダペストにて、ヴァイダ・コンサート・ジプシーオーケストラを旗揚げする。
2014年ロサンゼルスで行われたWCOPA(ワールドチャンピオンシップ・オブ・パフォーミングアーツ)で、6つの部門においてそれぞれ金メダル受賞、加えて五つのカテゴリー全てにおいてチャンピオン、またファイナリストとなり記念コンサートに出演。
2019年ブダペストにおいて日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念コンサートを企画しヴァイダ・コンサート・ジプシーオーケストラと共演。日本からもファンが参加した。
日本国内では日本最大の音楽イベントの一つ、ラフォルジュルネや仙台クラシック音楽フェスティバル通称「せんくら」などに出演し、
いずれの公演もいつも満席になるほどの評価を得ている。
2021年エスツウ出版より、CD「宮崎駿の世界」で演奏されている音源を楽譜に起こした「本格アレンジ!ピアノとヴァイオリンによる作品集・スタジオジブリ作品編」が発売される。
2021年11月モスクワで開催されたモスクワ芸術評議会のコンペティションにて、「ジプシープリーマーシュ」として金賞受賞。
2022年ジプシー音楽とダンスと歌のグループ、ジプシーレディースを立ち上げ、イベント出演も多数あり。
ハンガリーのジプシー音楽演奏を軸としてコンサート展開中。

bottom of page